Coreをお試し中です!

4月16日に早期アクセスが開始されたCoreというゲーム作成プラットフォームをご存じでしょうか?

個人的にはUnityとRobloxとフォートナイトを足したようなイメージです。まあ、フォートナイトやったことないのですが。(笑)
つまり、Unityのような3Dゲームが作成できるエディタと、Robloxのようなゲーム公開機能を持ち、フォートナイトのようなマルチプレイゲームが簡単にできるというシロモノなんです!

公式ドキュメントに特徴がうまくまとまっていたので翻訳して引用します。

  • 組込み済のマルチプレイヤー機能: 世界のどこでも友達とシェアしてプレイできます
  • ワンクリックで公開: ボタンを押すだけでゲームを公開できます
  • コミュニティでのコラボレーション: 他のCoreクリエイターが共有しているオブジェクト、スクリプト、ゲームを使って作品を強化できます
  • 必要なツール: VFX、オーディオ、マテリアル、テクスチャ、スカイボックス、地形の作成、ハイトマップ、スクリプティングなど、膨大な機能を予め搭載しています

私が最初に見たのは以下の「Coreを使って10分でマルチプレイゲームを作ってみた」という動画なんですが、ほんとうに簡単にオリジナルのマルチプレイゲームが出来たのでびっくりしました。

本格的に学ぶにはAPIドキュメントCoreアカデミーといったリソースを見ていかなくてはなりませんが、正直まだ充実しているとは言い難く、あとは公式チャンネルの動画を見まくるしかなさそうです。あとはコミュニティに公開されているManticore Games(開発元)のProjectをダウンロードして中を見るのも参考になりそう。

Scratch, Unityの他に使えるツールを常に探してはいて、Game Builderは割と期待していたのですがあっさり開発終了してしまってガッカリしていました。GodotGDevelop辺りしか選択肢が無いのかなあ、と思ってたところにこのCore。かなり力が入ったプラットフォームで生徒たちの受けも上々なので、しばらく生徒たちといじってみたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です